もしもの備えにカードローン

自分の資金ですべてまかなうことはあるべき姿であります。額に汗して働くことこそ最も尊いことだと思いますし、しっかりお金を貯めて計画的に使うことは優れたことです。
しかし、人間はそう簡単な構造の動物ではありません。時には無謀な賭けをしてみたくなる時もあるし、大金をはたいて、もっと言うと借金をしてまででも手に入れたいものに出会うこともあります。そんなとき、資金ショートするのは明らかです。
筆者もギャンブル系で大金を失った経験を持つ人間として、そういった人間の心理、感情が理解できます。そういった暴走をしたときに備え、資金ショートを防ぐ楯として、カードローンのキャッシング枠を設定しておくべきだなと痛感しました。
何回も資金を失い、支払いに困った経験があり、そのときにカードローンでつないで事なきを得たことが一度や二度ではありません。利息をとられるのが辛いですが、窮地を救ってくれたお礼と考えることにしています。利息を少なくするには低金利でお金を借りることが大切だと重います。

利用の前には相談を

今はインターネットから手軽にキャッシングの申し込みが出来るようになっています。返済の試算が行えるサービスを提供している金融機関も多く、これを利用することで無理のない利用計画が立てやすくなりました。実際にこうした物を使ってきちんと計画を立ててから融資を受けている人も多いですが、利用前には実際に金融機関に相談してみると尚良いかもしれません。

試算から導き出された返済額や自分の中で組み立てた返済計画は、実現するには無理が生じてしまっていることがあるのです。もちろんしっかりと考えて計画を立てているのですが、どうしても自分のこととなると希望的観測が混ざってしまうものです。今後の収入状況の見通しや毎月の家計の予算の組み方は、キャッシングを利用する際には多少シビアになっていた方が無難です。

金融機関に相談すると、たくさんの生活水準のデータから無理のない返済計画を案内してもらえます。自分の立てた計画と金融機関が提示する計画をきちんと検討し、無理がないかを判断することが必要なのです。

カードローンあれこれ

一口にカードローンと言いましても、銀行が提供するカードローンと、カード会社や消費者金融が提供するカードローンがあります。金利的には両者とも大差はありませんが、融資の条件が多少異なってきます。

後者は法律によって、年収の3分の1までの金額しか融資を受ける事が出来ません。これは他のカード会社や消費者金融での借り入れを含んだ総額です。また、自ずと年収を証明する書類の提出が必要になります。

金利に大差がありませんので、どちらが有利不利ということはありませんが、営業形態の違いによって関わってくる法律が変わってくるのです。もし年収の3分の1を超えての融資を希望する場合は、銀行などの金融機関のカードローンを申し込むと良いでしょう。もちろん、どこのカードローンを利用するにしても、無理のない返済範囲での借り入れに留めておくのが基本です。

カードローンは賢く使おう

サラリーマンの方なら1枚くらいは持っているクレジットカードやキャッシングのカードですが、賢く利用しているでしょうか。手数料を払いすぎていたり、利息だけ毎月返済しているなんてことはありませんか。

急にお金に困ったときにとても助かるこれらのカードですが、むやみに利用すると後々返済が大変です。クレジットカードであれば出来るだけ手数料のかからない回数で利用するとお得ですし、キャッシングであれば出来るだけ毎月の返済額よりも多めに返済して早めに完済する事で利息を少なく出来ます。金利が下がり前に比べると利用しやすくなったとは言え、利息や手数料が高いのは変わりません。

必要な額だけ借りて出来るだけ早めに返済する。この事を心掛けてクレジットカードやキャッシングを利用していただきたいと思います。くれぐれも借りすぎには注意してください。

お金が必要な時って、重なりますよね‥

お金が必要な時、しかもそれが急に重なることってありませんか?

誰かのプレゼントだったり、結婚式だったり、それに飲み会や、いろんな支払い。ちょっとお金が足りなくなった時、カードローンって便利ですよね。

以前は、金利も高いんじゃないか、とかカードを作るのに時間がかかる、とかいう話を聞いたことがありました。でも最近では、金利も安くなっているし、カードの発行も時間がかからなくなっているみたいだし、いいですよね。

テレビでCMもよくやっているので、敷居が低くなったような気がします。返す時も、一回でたくさん返すなら大変ですけど、毎月五千円づつとかでいいみたいですし、ちょっと今月どうしても入用がある、という時なんかには、時間とお財布に余裕がある時に、一度カードを作っておくと必要な時にパッとお金が出せるので、とっても便利だと思います。